初対面の人と話しをするのが苦手で人見知りをする人というのは、第一印象で誤解されるケースがあるのではないでしょうか。
例えば、暗いとか、怒っていて不機嫌とか、あまり良い評価が得られないことも多々ありようです。
しかし何度が話しをしてみると、明るくて楽しい人だと知ってもらえることもあるので、その後も会って話をする機会があれば挽回のチャンスもありますが、第一印象があまりにも悪いとチャンスもなくなってしまいます。

また、初対面の人にだけ人見知りするのではなく、もともと異性とあまり話すのが得意ではないという人もいるでしょう。
緊張してしまってうまく話せない人や、異性とどのような会話をしたらいいのか分からないという人もいます。
そのような人は、合コンや友達の紹介で初対面の人と会うのはハードルが高く、自分を演じることもなかなかできないかもしれません。
その時だけ別の自分になろうとしても、お互いに対面している状況ではそのような器用なことはできなるものではありません。
勿論、その場だけでも、明るく、初対面の人でも緊張しない自分を演じることが出来れば、苦労することもないでしょう。

もちろん器用な人ばかりが良いというわけではなく、少し不器用な人にもおすすめなのがアプリを使った出会いです。
そしてここで少し違う自分自身を演じてみるのも悪くないでしょう。
そうは言っても全く別の自分を演じる必要はなく、明るく元気の良い自分を演出してみるというのもひとつの方法なのです。

アプリなら、メールや伝言板でのやり取りなので、自分の本性をすべて出す必要はありません。
自分のコンプレックスを隠し、新しい出会いに挑戦できるのもアプリの魅力なのです。

しかし、「モデルをやっていて背が高くスタイルが良い」などと、あまりにも大袈裟にしてしまうと、実際に会う約束を交わしたときに困ってしまいますから注意が必要です。
また、アプリを通してなかなか面と向かって言えないようなことを言えたりもするものです。
お互いのコンプレックスを隠してコミュニケーションを取るのは決して悪いことではありません。
実際に会うという約束を交わした時点でコンプレックス以外の面でお互いに気が合うと判断したはずですから、コンプレックスを抱えていてもそれはあなたの全体のほんのわずかでしかなく、大いに自信を
持って接すればいいのだということを覚えておいてください。