人生経験が豊富な人は、他人から相談事を持ちかけられる機会が多いものです。言葉を巧みに操る人も、言葉の元となる経験がなければ聞く人の心に響く話はできません。様々な人と出会い、様々な言葉を交わしてきた人だからこそ、他者が納得できる的確なアドバイスを提示することができるのです。

そのような人が女性であれば、相談事は恋愛絡みの内容が多いのではないでしょうか。年下女子から可愛らしい恋の悩み相談を受けたり、女友達から恋愛で悩んでいると泣きつかれたり、様々な人から色々な形で頼られてしまうでしょう。しかし、気軽に他者の相談に乗ることを続けているうちに、自分の中でも掴みきれないモヤモヤに気づく瞬間があるかもしれません。恋愛というあいまいで不確かな感情であればなおの事、色々な人の想いや悩みに直面するうちに、正解が見えなくなってしまうのです。

人の立場に立ち、親身になって話を聞いてあげられるような優しい人ほど、他人の感情に左右されやすいという一面があります。自分が今までしてきたことは果たして正しかったのか、他人の悩みにどう答えるべきか迷う瞬間もあるでしょう。更に、自分自身の恋愛においても、他の人にはこうした方がいいというアドバイスをしたにもかかわらず、自分がそのアドバイスとは矛盾するような行動をとってしまっていると気づくかもしれません。

いつも冷静で理性的に考えるのが得意な人でも、恋愛ではそれらの性格がうまく発揮できない事は珍しくないのです。恋愛で感情が先に立つのは当然であり、アドバイスとは異なる行動に出ていても不思議ではありません。現在人気の出会いアプリのようなツール上で、悩みを聞いてほしいという人と巡り合う事もあるでしょう。他人の考え方や悩みをアプリの中でやりとりしているうちに、十人と話せば十の異なる見解を知るはずです。自分の恋愛で迷った時は自分の心を信じ、自分が正しいと思った道に進む事が大切です。恋愛の主役は、他でもない自分自身なのです。